住宅売却時に受ける必要のある査定

セキュリティ対策はしっかりとした、ライフスタイルにあった物件

私は20歳の時に、新社会人になるとともに一人暮らしを始めました。

仕事柄、夜遅かったり、朝早かったりとフレキシブルな対応を求められることが多かったので、勤め先から自転車で15分ほどのところに家を借りて住んでいました。通勤にはとても便利だったのですが、駅からは徒歩20分とわりと離れていたので、休日などに電車利用するときは少し不便を感じていました。

物件は、築5年以内の新しいめのマンションで、私の部屋は3階建ての2階でした。暮らしていて上の階の人の音が気になることもありませんでしたし私の部屋の下はガレージになっていたので、下の階に気を使うこともありませんでした。部屋の向きは南東向きで、晴れた日はお日様の光がたくさん入ってきて気持ちがよかったです。

(夏は少しあつかったかもしれないです)オートロックのマンションでしたし、部屋の鍵もコピーできないタイプの鍵だったのでセキュリティも万全でした。間取りは1Kで生活スペースは7畳ほどで、全体の平米数は25平米ないくらいだったと思います。玄関には靴箱が常設されており、リビングにつづく廊下左手に2口コンロのキッチン、右手にお風呂場とトイレがありました。

お風呂とトイレは独立しており、洗面台はありませんでした。リビングにはエアコンが常設されていました。部屋がそんなに広くないことに加えて、廊下とリビングの間に内扉が付いていたので、夏場・冬場問わず、エアコンのききはとてもよかったです。

その他、物件探しの際にこだわっていたところは、ガスが都ガスであることです。プロパンガスは料金がとても高いので、料理する機会が多いことも考えて都ガスを条件にいれていました。暮らしている内にこれもあったらなと思った設備は、宅配ボックスと追い炊き機能です。家賃と全体のバランスで決めたので贅沢は言えませんが、この2つがあったらさらに快適だなと感じました。

家の周りには、スーパーやドラッグストア、飲食店などが充実していましたのでお買いものにも便利でした。初めての一人暮らしの家にしてはとても満足のいく物件だったと思います。

記事一覧